サンホワイトシルキーY-1 リップクリーム

【体験レビュー|サンホワイトシルキー】サンホワイトと何が違う!?

サンホワイトシルキーの商品画像とラベンダー色の背景

白色ワセリンとして"@コスメベストアワード”に2度輝いた『サンホワイト P-1』。

その姉妹商品として登場ししたのが、『サンホワイトシルキー Y-1』です。

サンホワイト P-1とサンホワイトシルキー Y-1は、いったい何が違うのでしょうか?

そこで今回は、今回は次の4点から徹底調査しました。

・サンホワイトシルキー Y-1の特徴&サンホワイト P-1との違い

・実体験レビュー

・サンホワイトシルキー Y-1使用者の口コミ

・購入方法

 

Miss Lip
是非、購入前の参考にしてみて。

 

サンホワイト シルキーy-1について

両手で指差をさしている女性&文字『【特徴】サンホワイトシルキーy-1』

日興リカから販売されている『サンホワイト シルキーy-1(以下、サンホワイトシルキーと記述。)』。

成分は100%ワセリン。高品質な白色ワセリンで、皮膚科で使用されている軟膏のベース(基剤)としても使用されていますよ。

サンホワイトシルキーには、主に次の3つの働きがあります。

3つの働き

・肌や口唇の乾燥によるカサつきを防ぐ。

・肌や口唇をなめらかにしツヤを与える。

・日焼けなど肌表面の水分が蒸発しやすなっている状態の抑制作用。

従来品(サンホワイト P-1)より柔らかいテクスチャーに改良された”サンホワイトシルキー”は、顔や全身に伸ばしやすく、肌摩擦によるお肌の悩みから解放してくれる1品。

『サンホワイト P-1(以下、サンホワイトと記述。)』と、「使用感」「べたつきにくさ」「塗りやすさ」「柔らかいさ」「伸び」の5つの視点から比較アンケートをとると、次の様な結果になりました※4

サンホワイトシルキーとp-1を比較した5角形グラフ(引用元:公式サイト)

 

Miss Lip
『サンホワイトP-1』についても、実際に購入してレビューしています。是非参考にしてくださいね。

サンホワイトp-1購入直後の画像
<関連記事>【体験レビュー|サンホワイト P-1】唇の乾燥を防げる!?

続きを見る

 

【サンホワイト シルキー】体験レビュー

女性が鏡で唇をチェックしている画像

マスク生活が続き、唇の乾燥が気になるようになっていたので実際にサンホワイトシルキーを購入して唇への使用感を確かめてみました。

使い方

<綿棒にプッシュしているアップの画像>

初めて使用するとき、空プッシュが4、5回必要

プッシュ1回分が米粒5個分くらいあるので、唇に使う時は1/3~1/2プッシュでOK

出す量を微調整ができるタイプなので、慣れてくれば必要量のみ出せるようになりますよ。

多めに出てきたものは、頬など他の部位に塗るといいですね。

 

テクスチャーについて

ワセリンの概念が変わる程、柔らかいテクスチャー!

唇にもするりと馴染み、まるでオイル美容液の様な感触。

滑りがよくサラサラしているので、少量で上下の唇に塗れます。

唇に使用する時、次のような人は『サンホワイトp-1』の方がおすすめですね。

サンホワイトp-1の方がオススメの人

  • 適度な硬さがほしい人
  • 化粧下地としてしっとり感がほしい人

 

しっとりはいつまで続く!?

サンホワイトシルキーを塗布してマスクを装置

リップメイクなし(サンホワイトシルキーのみ)』と『リップメイクあり(サンホワイトシルキー+口紅)』の時の使用感を体験しました。

 

リップメイクなしの日(サンホワイト シルキーのみ)

綿棒を使用して適量をとり、唇に塗布しました。

<塗布した画像を入れる>

この状態で、不織布マスクをして午前中(約3時間)過ごしました。

3時間後、以下のような唇の状態でした。

<3時間ごの画像を入れる>

3時間の間に、2回ほどマスクを外して水分補給。

ツヤ感はなくなりましたが、しっとりした唇のままです。

いつもは、マスクを外すと唇がガサガサになって酷い時は皮がめくれてしまっているので、感激しました!

昼食後、再び綿棒で塗布し不織布マスクをしてすごしました。

夜、マスクを外してもガサガサ唇になっていませんでした

サンホワイトシルキー自体に粘つきがないので、快適に使用できましたよ。

 

サンホワイト シルキー+口紅の日

サンホワイトシルキーと、口紅『オペラ リップティントN(005 コーラルピンク)』を使用。

<塗布した画像をいれる>

オペラリップティントN単品で使用するより、更にツヤ感が強くでます。

唇への色馴染みをいいですね。

不織布マスクを午前中(3時間)した後は、次のような唇の状態でした。

<3時間ごの画像を入れる(唇)>and<マスク画像>

 

また、水を飲んだ時の口紅の色移りは次のようでした。

<紙コップの色移り画像をいれる>

画像の通り、思っていたより色移りしませんでした。

 

【総評|実体験レビュー】サンホワイトシルキー

文字『【総評|実体験レビュー】サンホワイトシルキー』

サンホワイトシルキーは、単品で使用しても化粧下地として使用しても優秀な商品であることがわかりました。

理由は、次の3つです。

3つの理由

サンホワイトシルキーを使用すると、不織布マスクですれる唇の水分蒸発を防いでくれることを実感

口紅の下地として使用するとツヤ感は増すのにマスクへの色移りは、口紅単品で使用した時と変わらなかった。

落ちにくい口紅(着色剤として染料が配合されている商品)の前に下地として使用することで、唇の縦じわの凹凸に染料が入り込むことを防げる作用があると感じました。

⇒唇のくすみ※1などを予防できるのでは!?と思いました。

 

【口コミ・評判】サンホワイトシルキー

口コミのイラスト

ここでは、サンホワイトシルキーのユーザーの声を集めてみました。

いい口コミ

伸びがいいのに保湿力バツグン

乾燥肌&敏感肌で、ワセリンは生活の一部になっています。

色々なワセリン商品を試しましたが、サンホワイトシルキーが1番でした。

伸びがよく、唇にも使用しています。

※口コミはあくまでも、個人の感想です。(参考サイト:amazon)

ポンプ式で分量を調整できる

テクスチャーが柔らかいので、顔だけなら少量で充分です。

1度塗布するだけで潤いを感じられるので、コスパ最高!

一年中愛用しています。

※口コミはあくまでも、個人の感想です。(参考サイト:amazon)

 

悪い口コミ

どの口コミをみても、”唇”に関する悪いものは見当たりませんでした

ただ頬や身体などの広範囲に使用した場合に、以下のような口コミが少数見つかりました。

ニキビができた・・・

『保湿にはワセリンがいい。』と聞いたので、購入して試してみることに。

しかし、元々あったニキビがよけい酷くなってしまいました。

ここまで長時間潤いを感じた商品は初めてだったので、ショック。

今は目元やほうれい線など部分的に使用しています。

※口コミはあくまでも、個人の感想です。(参考サイト:amazon)

 

『なぜ、ニキビが酷くなったのか?』その原因をリサーチしました。

リサーチをすると、次の様なことがわかりました。

色々な種類があるニキビの中でも、赤ニキビは細菌やアクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態です。

これらの菌は空気の少ないところで繫殖する性質を持っています

アクネ菌などが増殖した状態の皮膚に水分蒸発抑制作用の強い(=密閉され皮膚が低酸素状態)100%ワセリンの商品を使用すると、菌が住みやすい環境を作ることになりニキビを悪化させる場合があります※5

 

Miss Lip
不純物を徹底的に排除し、皮膚科の処方薬にも採用されるほどのサンホワイトシルキーだけど、肌に異常を感じた時は使用を控えて様子をみることが大切ね。

サンホワイトシルキーを使うとかゆい!?

女性が腕をかゆがっている画像

サンホワイトシルキーについて更にリサーチを進めてみると、『サンホワイトシルキー かゆい』という言葉を見つけました。

サジェストワード『サンホワイトシルキー かゆい』画像

果たして、サンホワイトシルキーを使用するとかゆくなってしまうのでしょうか?

早速調べてみました。

”かゆくなる”の真相をリサーチ

この真相を、『口コミ』と『公式サイトや白色ワセリンの実験結果』をもとに調べました。

口コミから解明

かゆみに関する口コミをみると、”アトピー性皮膚炎のある人”が多いようです。

かゆみがでてきた

100%ワセリン&保湿力に優れていると聞き、試してみることに。

最初は潤いを感じたのですが、時間が経ってくるとかゆくなってきました。

元々アトピー体質なので、やっといい商品に出会えたと思ったのに残念。

※口コミはあくまでも、個人の感想です。(参考サイト:amazon)

『なぜ、ワセリンがアトピー性皮膚炎に対してかゆみがでるのか?』

原因として考えられるのは、次の様なメカニズがあるからだと推測されます※2

簡単な流れ

  • ワセリンの優れた水分蒸発抑制作用。

↓ 皮膚表面が密閉状態に

  • 肌表面にある水分の気化熱が充分に放出できず、体温調節が乱れる。

↓ 塗布後した箇所に熱がこもる

  • かゆみにつながる。
さやか
アトピー性皮膚炎の人にとっては、優れた保湿力が逆にデメリットになってしまう場合があるんですね。

 

また、更に口コミをリサーチしていると「『サンホワイトp-1』では快適に使用できていたのに、『サンホワイトシルキー』でかゆみが出るようになった。」という声も少数ですがありました。

 

サンホワイトp-1は大丈夫なのにサンホワイトシルキーはなぜ?

『サンホワイトp-1』と『サンホワイトシルキー』はテクスチャー(粘性)の違いだけで内容成分は全く同じである。”と公式サイトに書かれています※3

その違いは実験結果としても出ており※4サンホワイトシルキーの方が伸びやすい(=テクスチャーが柔らかい)ことが分かっています。

 

<2商品の伸びやすさを比較した表>

商品名 伸びやすさ(5段階評価)
サンホワイトP-1 3/5
サンホワイトシルキーY-1 4.8/5

また、公式サイトに掲載されている比較実験では『サンホワイトシルキー』の方がわずかに保湿力が高いことが分かっています。

グラフ『サンホワイトとサンホワイトシルキーの電気伝導度の比較』(引用元:公式サイト『サンホワイトp-1 サンホワイトシルキーy-1』)

 

<まとめ>

唇ではなく、頬や身体に使用した時にかゆみを感じる人が少数いる。

・ワセリンの優れた水分蒸発抑制作用により、肌表面にある水分が蒸発する時にでる気化熱が充分に放出されず、塗布した箇所に熱がこもることでかゆみが出やすい環境になると考えられる。

サンホワイトシルキーの方が、伸びがよく保湿力もやや高いのでボディなど広範囲に塗布することが可能になったことで、熱がこもる面積が広くなりかゆみを感じると考えられる。

 

サンホワイトシルキーの販売店

文字『オンライン&オフライン』と2つのカートのイラスト

店舗購入

オフラインの実店舗で取扱っているかを確認するには、『サンホワイト公式サイト』を参照してください。

 

通販購入

現時点(2021年2月下旬)で、各通販サイトの最安値をリサーチすると次の様な結果でした。

しかし通販購入の場合、会員の有無やサイトのセール等で価格が変動することがあります。

是非、購入しやすい通販サイトを選んで下さいね。

通販サイト名 最安値
サンホワイト公式サイト ー (オンラインストアなし。)
amazon ¥1,762  【※プライム会員の場合、送料無料】
楽天市場 ¥1,499 【送料 ¥600】
Yahoo!ショッピング ¥1,430 【送料 ¥550】

 

まとめ

女性の顔半分~デコルテまでの画像

サンホワイトシルキーとサンホワイトの違いは、テクスチャー(粘性)だけということがわかりました。

その他、サンホワイトシルキーの主な特徴は次の5点です。

サンホワイトシルキー5つの特徴

①不純物を取り除いた白色ワセリンをさらに精製して作られた高品質白色ワセリン100%で老若男女問わず使用可

皮膚科で処方されるクリームのベース(基剤)としても採用されている。(アレルギーテスト済み)

日焼けなど肌表面の水分が蒸発しやすなっている状態の抑制作用としても◎

④単品または口紅の下地として使用すると、マスクをしていても唇が乾燥から守られなめらかさが持続する。

⑤口紅の下地に使うと、唇のツヤ感は増すのに色落ちのしやすさは口紅のみの使用と変わらずキレイな発色が保てた。

サンホワイトシルキーは、テクスチャーの伸びがいいので少量で広範囲をカバー。

個人的にとても使いやすく、日中の乾燥が気になっていた私の肌の救世主になりました。

サンホワイトも実際に購入して、レビューしているので参考にしてみてくださいね。

 

サンホワイトp-1購入直後の画像
<関連記事>【体験レビュー|サンホワイト P-1】唇の乾燥を防げる!?

続きを見る

鏡を見ながらリップクリームを塗る女性
<関連記事>【唇のくすみ|厳選22品】目的別おすすめリップクリームを紹介!

続きを見る

 

※1 古い角質による汚れ

※2 特定非営利活動法人 日本アトピー協会

※3 公式サイト サンホワイト p-1、サンホワイト シルキーy-1

※4 公式サイト サンホワイトp-1とサンホワイトシルキーy-1の比較

   文献:白色ワセリン使用感の改善

※5 健栄製薬

※6 プライム会員の場合は、お買い上げ金額に関係なく送料無料。

   プライム会員以外の方は、お買い上げ金額が合計¥2,000未満の場合は次の送料がかかる。

  本州・四国(離島を除く)  ¥410(税込)

  北海道・九州・沖縄・離島  ¥450(税込)

 

-サンホワイトシルキーY-1, リップクリーム