未分類

唇のくすみにも◎市販アイテム~手作りレシピまで唇パック特集!

Pocket

1.はじめに

 

女『リップクリームをマメに塗るようにしているんですけど、最近マスクで乾燥しやすいからか唇の潤いが感じにくいです。』

 

L『そんな時は、唇パックがおすすめね。』

 

女『リップクリームとパックの違いって何ですか?』

 

L『“唇を潤す”という点では、リップクリームとパックは同じ役割よ。

でも、唇パックは密封性の高いシートやラップなどで保湿成分を浸透させるから、よりもっちりとした唇を手に入れることができるのよ。』

 

女『そうなんですね。』

 

L『今回は、唇のパックについて詳しく解説していくわね。』

 

リップクリームでデイリーケアをしていても、唇の荒れやくすみ※1がイマイチ良くならない、そんな時はスペシャルケアとして唇パックを取り入れてみてください。

 

ここでは、唇パックの特徴やおすすめの使用方法をご紹介していきます。

 

唇パックのオススメの時間帯&使用頻繁について

【オススメの時間帯】

唇パックは、夜のお風呂上がりがベスト。

その理由は次の3点です。

・メイクや汚れが落ちた清潔な唇だから。

・お風呂上りは、体内の水分が蒸発しやすいから。

・就寝時間の間に唇の潤い成分が浸透しやすいから。

清潔な唇にパックを使用し潤いを与えてあげることで、潤いを与え乾燥を防ぐことができます。

 

使用頻度】

個人差やその時の症状によると思います。

例えば、唇の皮が剥けたり応急処置が必要な状態なら、毎日パックをして唇に潤いを与えるのがおすすめ。

日頃のスペシャルケアとしては週1~2回程度が◎

唇パックは手作り?or 既製品? それぞれのメリット&デメリット

唇パックには、大きくわけて次の3つの方法があります。

それぞれのメリット&デメリットを合わせて紹介していきますね。

これ1枚でOK!【既製品のリップパック】

メリット

・思い立ったら、すぐに使用できる。

・時短でケアできる。

デメリット

・肌質やその時の肌コンディションによっては、合わないアイテムがある。

 

合わせ技。【既製品のクリーム・美容液+ラップ】

メリット

・手持ちのリップクリームを活用できる。

・時間をかけず、唇の状態に合わせて色々なリップクリームを使い分けられる。

 

デメリット

・ほぼなし。(∵自分の唇にあったリップクリームを使用するため。)

 

その日の気分に合わせてカスタム♪【手作りパック】

メリット

・0から自分好みにカスタマイズできる。

デメリット

・他の方法より、時間がかか場合がある。

 

次に、『既製品のリップパック』、『既製品のクリーム・美容液+ラップ』、『手作りパック』の3つそれぞれのオススメアイテムをご紹介していきます。

 

既製品のおすすめリップパック

Amazonや楽天市場などで人気のあるアイテムをご紹介しますね。

CHOOSY ハイドロゲルリップパック

ぷるぷるのゲルパックでしっかり唇に吸着。

7 種類の美容成分が配合され、唇に潤いを与えてくれます。

ばら売りor大容量タイプでも選べます。

フレーバーが豊富なので、その日の気分に合わせて使えますよ。

<広告リンク>

<口コミ2つ>

・くすみが気にならなくなった(20代後半 混合肌)

choosyのリップパックを使用する様になってから、唇の悩みがなくなりました。

パック自体もひんやりと密着してくれるので、お風呂あがりに最適。

定期的な使用で、縦シワやくすみが気にならなくなりました。

※口コミはあくまでも個人の感想です。

(参考サイト:@コスメ)

 

・ぷるぷるの潤い唇に (30代前半 敏感肌)

冬は乾燥していつもカサカサ唇で悩んでいました。

でも、choosyジェルパックを使用するようになってからぷるツヤな唇が保てるように。

大容量はコスパもいいので、常備しています。

※口コミはあくまでも個人の感想です。

(参考サイト:@コスメ)

 

当サイトの編集部スタッフが、1か月間使用した体験レビュー記事も参考にしてみて下さいね。

【関連記事】「唇 チューシー リップパック 体験」

 

エル・エスコーポレーション ゾッコーン リップ

<画像>

色はピンクとブラックの2種類展開。

 

パールエキスとヒアルロン酸配合で、乾燥しがちな唇に潤いを与えますよ。

 

<リンク>

 

あまり口コミがないので、実際の使用感について当サイトの編集スタッフが体験しました。

【関連記事】ZOKKOON体験レビュー

 

既製品のクリーム/美容液・オイル+ラップ

ニベアクリーム

<画像>

顔~全身に使用できるニベアクリーム。

幅広い年代層に人気のあるアイテムです。

スクワラン・ホホバオイル配合で、唇表面の水分と油分のバランスを整え乾燥を防いでくれまよ。

<アイテムリンク>

 

リプラオール

  <画像>

お客様満足度93.7%の唇のシミ、黒ずみ対策の美容液。

多数の女性雑誌で取り上げられている注目のアイテムです。

唇を柔らかくする作用のある”リンゴ酸”や、外部の刺激から唇を守る作用がある”サンフラワー油”、皮膚の生まれ変わりをサポートするビタミンE配合の”トコフェロール”が含まれています。

無添加・無着色・シリコンフリーかつ、120日間返金保証付きなので気軽に試せますね。

<テキストリンク>

 

フーミー(WHOMEE) リップ美容液

<画像>

田中みな実さんが、愛用しているアイテムとして注目されてる美容液。

豊富な栄養素を含んでいる“ハチミツ”や保湿作用のある“アボカド油”など美容成分がたくさ配合されています。

<リンク>

 

キャンディードール(CandyDoll) モイスチャーリップエッセンス

<画像>

益若つばささんがプロデュースするブランドから発売されている美容液。

内側から弾力のある唇を演出してくれる成分“パルミトイルペプチド”や、セラミド、ホホバ種子あぶらなど唇のコンディションを整えてくれる成分が豊富に配合されています。

<リンク>

 

シロ(SHIRO) エッセンスリップオイル

<画像>

 

植物由来の厳選された原材料を使用するなど、素材にこだわったアイテムを揃えるシロ(SHIRO)。

エッセンスリップオイルは、色素フリーでほんのりと柚子の香りがするオイル状の美容液。

唇をふわっと柔らかくする作用のある”リンゴ酸”や、皮膚表面の水分蒸発を抑制する作用がある”スクワラン”が配合されています。

<リンク>

 

唇パックとしての使用をオススメしない既製品

オロナイン

<画像>

オロナインを唇パックに使用している人がいますが、やめましょう。

オロナインは、化粧品の分類でいくと『医薬品』に該当します。

医薬品は”病気の「治療」や「予防」としての薬”という位置付け。

オロナインの主成分は、殺菌消毒剤である「クロルヘキシジングルコン酸塩」なので効能が強く、刺激を受けやすい唇には不向きです※2、※3

 

モアリップ

<画像>

唇専用の医薬品であるモアリップも、頻繁に使用するのは控えた方がベター。

「口唇のひびわれ、口唇のただれ、口唇炎、口角炎」に対して効果・効能があると言われているので、緊急の時にだけ使用するようにしましょう。

モアリップは、上記のオロナインと同様『医薬品』に該当します。

含有成分の効能が強く、デイリーケアとして使用するとただでさえターンオーバーが頬の皮膚より早い唇の表面は、よりデリケートになり刺激に弱い状態になって唇のトラブルを繰り返してしまいます。

 

 手作りパックの材料として使用されるアイテム4つ

それぞれ単品でも唇パックとして潤いを与えることができるアイテムですが、混ぜ合わせて使用することでより良さが実感できますよ。

はちみつオンリー

ここでは、はちみつと食品用ラップを使用した唇パックについて紹介します。

はちみつの働き&選ぶ時の注意点

<働き>

はちみつには、皮膚表面を柔らかくし潤いを与える作用があると言われています※4

<注意点>

はちみつがもっている豊富な栄養素が損なわれていないアイテムを使用するのが大切です。“国産・無添加・非加熱処理”のアイテムを選びましょう。

また、はちみつにはボツリヌス菌が存在している場合があるので、何かしらの疾病をお持ちの方は、かかりつけ医に相談してから使用して下さいね※10、※11

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆参考☆はちみつとマヌカハニーの違いって?

マヌカハニーの方がはちみつより抗菌・殺菌作用が強いと言われています。

それは食品として摂取した時に、殺菌・抗菌作用のある成分が体内の酵素により分解されるはちみつに対し、マヌカハニーは殺菌・抗菌作用のある成分が分解されることなく体内に作用するから※5

なので、唇パックで使用する際は、はちみつで十分ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

用意するもの

・クレンジング剤 (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・蒸しタオル (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・はちみつ(適量)

・食品用ラップ

 

手順

①まず、クレンジング剤を使用して唇を清潔な状態にします。

②蒸しタオルで唇を約1分蒸す。

(お風呂上がりの場合は、①と②はとばしてOK!)

(参考)蒸しタオルの作り方

タオルを水で濡らし、ラップで包んだ後 500~600Wで30~60秒ほど加熱します。

※唇は頬などの皮膚より刺激に弱いため、やけどには十分に注意してくださいね。

③清潔な指or綿棒にはちみつを適量とり、唇に優しく馴染まなせます。

 この時、唇を優しくマッサージするのも◎

④適度な大きさに切った食品用ラップを、かぶせて5~10分おきます。

(息が苦しくなる場合は、ラップの真ん中に穴を開けて呼吸できるようにしておきましょう。)

⑤食品用ラップを外し、唇に残ったはちみつを水で濡らしたコットンや綿棒で優しくふき取る。

※この時、唇ではちみつを舐め取るのはやめましょう。舐めると、唾液と共に唇の水分が蒸発してしまいます。

 

【関連記事】実体験レビュー はちみつオンリーのパック

 

はちみつ+ワセリン

次は、はちみつとワセリンを混ぜた唇パックについて紹介します。

ワセリンの働き&注意点

<働き>

ワセリンは、皮膚の保護&皮膚表面の水分蒸発抑制作用があります※9

水分蒸発を防ぐ※5ラップ効果が高いことから、はちみつの栄養素をしっかり浸透させ潤いのある唇へ導きます。

<注意点>

揺らぎ肌や化粧品で荒れやすいと感じている人は、純度が高い白色ワセリンを選ぶようにしましょう。

 

用意するもの

・クレンジング剤 (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・蒸しタオル (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・はちみつ(適量)

・ワセリン (適量)

・食品用ラップ

 

手順

①まず、クレンジング剤を使用して唇を清潔な状態にします。

②蒸しタオルで唇を約1分蒸す。

(お風呂上がりの場合は、①と②はとばしてOK!)

(参考)蒸しタオルの作り方

タオルを水で濡らし、ラップで包んだ後 500~600Wで30~60秒ほど加熱します。

※唇は頬などの皮膚より刺激に弱いため、やけどには十分に注意してくださいね。

③はちみつとワセリンを1:1の割合で混ぜる。

④③を清潔な指or綿棒に適量とり、唇に優しく馴染まなせます。

 この時、唇を優しくマッサージするのも◎

④適度な大きさに切った食品用ラップを、かぶせて5~10分おきます。

(息が苦しくなる場合は、ラップの真ん中に穴を開けて呼吸できるようにしておきましょう。)

⑤食品用ラップを外し、唇に残ったはちみつを水で濡らしたコットンや綿棒で優しくふき取る。

※この時、唇に残ったはちみつとワセリンを舐め取るのはやめましょう。

 舐めると、唾液と共に唇の水分が蒸発してしまいます。

=========================================

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

・ベビー ワセリンリップ 無添加リップ

・サンホワイト P-1

楽天市場、Amazon、@コスメでなどで人気のワセリンアイテムで唇パックをしてみました。体験レビュー記事を参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

『唇 リップ 体験レビュー ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー』

『唇 リップ 体験レビュー ベビー ワセリンリップ 無添加リップ』

『唇 リップ 体験レビュー サンホワイト P-1』

→①デイリーで塗布した時 ②このアイテム+ラップ ③このアイテム+はちみつ+ラップの使用感を書く。

=========================================

【体験レビュー】

 

はちみつ+オリーブオイル

最後に、はちみつとオリーブオイルを混ぜた唇パックについて紹介します。

オリーブオイルの働き&注意点

<働き>

オリーブオイルには、抗酸化作用があるビタミンEやポリフェノールが含まれています※6

唇表面の乾燥を防ぐ作用があるので、唇パックの使用にオススメなんですよ。

 

<注意点>

食用のオリーブオイルなら何でもOKという訳ではありません。

売られているオリーブオイルは、大きく分けて『エクストラバージンオリーブオイル

』、『ピュアオリーブオイル』、『オリーブポマースオイル』の3つに分かれています。

 

唇の皮膚は身体の中でもデリケートなため、アレルギーが出やすい人などは極力

不純物の少ないエクストラバージンオリーブオイル選ぶようにしましょう。

 

用意するもの

・クレンジング剤 (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・蒸しタオル (※お風呂上がりの場合は、いらない。)

・はちみつ(適量)

・オリーブオイル (適量)

・食品用ラップ

 

手順

①まず、クレンジング剤を使用して唇を清潔な状態にします。

②蒸しタオルで唇を約1分蒸す。

(お風呂上がりの場合は、①と②はとばしてOK!)

(参考)蒸しタオルの作り方

タオルを水で濡らし、ラップで包んだ後 500~600Wで30~60秒ほど加熱します。

※唇は頬などの皮膚より刺激に弱いため、やけどには十分に注意してくださいね。

③はちみつとオリーブオイルを1:1の割合で混ぜる。

④③を清潔な指or綿棒に適量とり、唇に優しく馴染まなせます。

 この時、唇を優しくマッサージするのも◎

④適度な大きさに切った食品用ラップを、かぶせて5~10分おきます。

(息が苦しくなる場合は、ラップの真ん中に穴を開けて呼吸できるようにしておきましょう。)

⑤食品用ラップを外し、唇に残ったはちみつとオリーブオイルを水で濡らしたコットンや綿棒で優しくふき取る。

※この時、唇に残ったはちみつとオリーブオイルを舐め取るのはやめましょう。

 舐めると、唾液と共に唇の水分が蒸発してしまいます。

<画像><アイテムリンク>

【関連記事】KW『唇パック 手作り体験レビュー記事

 

まとめ

唇のくすみ※1や荒れが気になる時は、リップクリームの保湿以外にスペシャルケアとして唇パックがいいとわかりましたね。

唇パックをするのにオススメの時間&使用頻度

<オススメの時間帯>

・夜のお風呂上がりがベスト。

<使用頻度>

・日頃のスペシャルケアとしては、週1~2回が◎

 

そして唇をパックする方法としては、大きくわけて3つあることがわかりました。

・既製品のリップパック

・既製品のクリーム・美容液を使用したパック

・食品を利用した手作りパック

それぞれアイテムを紹介しているので、自分の唇のコンディションに合った方法を見つけて見て下さいね。

※1 古い角質による汚れ

※2 著書『美肌成分事典』

※3 公式サイト 大塚製薬 

※4 化粧品表示オンライン 

※5 健栄製薬 

※6   Nippon Olive

※7 化粧品表示オンライン

※8 ニキビ♡Labo

※9 化粧品表示オンライン

※10 東京都福祉保健局

※11 厚生労働省

 

 

-未分類

© 2021 ツヤぷるリップ道場 Powered by AFFINGER5